COVID19 新型コロナウイルスの秘密

そもそも新型コロナウイルスはどこから発生したかを考えれば周りが見えてくる

新型コロナウィルスが日本に上陸して、何だか閉鎖的な世の中になってきました。

私は、中国とアメリカが貿易摩擦で対立していたのに、第一段階の合意に至ったという昨年のニュースを聞いたとき、あれ?なんかすんなり合意したんだ…。と疑問に感じてました。

そして、年が明けて2020年、中国武漢からの新型コロナウィルスが発生しました。

中国武漢にはバイオセーフティーレベル4という、世界で最も危険な病原体(エボラ、HIVなど)を取り扱う研究施設があったのはあとから知りましたが、市場でのコウモリを食したものから伝染したという一報は、ん?胡散臭い!と今でも思っています。なぜなら、これまで中国には野味という、野性動物を食する文化があったから、なぜ突然に?と思ったからです。

研究者の解説によれば、新型コロナウィルスの構造はHIVなどに非常に良く似ており、人造ウィルスである可能性が高いとのこと。

それでは、何故?誰が何の目的で?ということが謎になってくるのですが、私はある人物の思想に行き着いたのです。

ゲイツ財団の思惑

彼は、ゲイツ財団を設立しており、コロナウィルス(実はアメリカのパテント:特許)の研究に出資していました。そして、彼らは、近年、地球の温暖化による異常気象を防ぐためには何が必要か?ということについて、世界人口をゼロに近づければ、CO2は劇的に削減できるという考えのもと、病原体やワクチンによって世界人口をコントロールしようとしているのです。
↓参考
https://youtu.be/b4vE8AdSPGc

確かに地球規模で考えたら、身勝手な人間の生産活動のせいで、二酸化炭素を大気中に増やし、それが原因となり異常気象が勃発し続けているのは間違いありません💦。

さらにビル・ゲイツは2017年に、世界に蔓延した場合のシミュレーションをしており、最初の6ヶ月で6000万人の感染者が出るという試算をしています。
つまり、今起こっていることは、奇しくも「実験」そのものなのでしょう。
冷静に考えてみて、世界に均等な速さでウィルスが蔓延するのでしょうか?世界旅行者の行き来が果たして全ての原因と言えるのでしょうか?

そう考えると、何かしらの方法で大気中に拡散させた生物化学兵器と考えてもおかしくはないと思います。

閉鎖社会が始まるのか?

その結果、もたらすのは経済的なダメージと閉鎖社会。最近では、スポーツやライブなど人が集まるイベントは中止の流れになっており、インバウンド効果も当然のことながら、外貨収入による景気向上も見込めず、倒産する企業も出る始末です…。
要するに、これは中国または、ゲイツ財団が仕掛けた経済戦争なのだと個人的には思います。

そして、東京オリンピックも無観客を検討という報道がアメリカとWHOからありました。オリンピックの放映権はもともとアメリカのテレビ局にあり、各国の放送局と放映権を契約していますが、これがもしその通りとなると、日本はインバウンド効果ゼロ、アメリカは潤う。そして、ゲイツ財団は開発したワクチンで潤うという構図が出来上がります。

陰で終息させたくない思惑でいるのは、中国とアメリカそして、イギリスです。

そして、日本を貶めようとしている勢力がいるのも悲しいことに間違いありません。

ここ数週間は、自粛要請による人の往来を少なくしていますが、終息しないとなるとその経済的な反動はリーマンショック以来のものになるでしょうね。

あくまでも一個人の見解ですので悪しからず…。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。